初心者でもわかる振袖の着こなしと種類について。ケースの利用シーンごとに振袖の種類をご紹介します

まず、振袖の種類をご紹介する前に着物の種類からご紹介していきたいと思います。
大きく分けると黒留袖、色留袖、振袖の3つになります。


黒留袖は既婚女性の第一礼装とされています。いわゆる正装として考えるべき衣装です。「紋」を5つ入れることが決まりで両胸、背中心・両外袖に入れます。主に結婚式の際に新郎新婦の親族が着用することがメインで、帯や小物も金銀白色のものにあわせて選ぶのが一般的です。


次に色留袖です。地の色が黒い外で、既婚女性・未婚女性のどちらも着用できる着物です。既婚未婚問わず、すべての女性が着用可能とされています。ちなみに「紋」が5つ入っていれば、黒留袖と同じく第一礼装として認識されますが、「紋」の数が3つや1つの場合は「準礼装」となります。それでも、「訪問着」よりは格式は高く、儀式で着用しても失礼ではありません。

そして、ここからが振袖についての説明になります。
大きく分けると振袖は成人式に着用されるイメージが強いのですが、一般的には未婚女性の第一礼装と考えられています。


縫い目で柄が切れないように仕立ててあり、色とりどりの豪華なデザインになっています。帯の結び方やデザインで着飾るなど自分自身を主張する着物としてか投げることも可能だと思います。
では、その振袖の中でも大きく3つに分けられますのでその特徴をご紹介していきたいと思います。
まずは、大振袖(本振袖)です。


様々な呼び方があります。「引き振袖」「引き振り」「お引きずり」「お引き」など。3種類の振袖の中でももっとも正装に近いとされています。
袖丈が長く、女性が引きずるほどの場合、立ち姿が非常に美しく、妖艶なので色っぽく見せるための着物だといえるでしょう。

いずれにしても、着用シーンとしては結婚式で、新婦が着用する婚礼衣装として利用されることが多いでしょう。一般的には成人式でこの大振袖を着用することは少ないのですが、身長の都合で袖丈が長いこの大振袖を着用する場合もあります。特に間違いという考え方があるわけではありません。


やはり、結婚式のお色直しで和洋折衷がスタンスとして主流の中、花嫁の着用が非常に多く、腰の部分の布を織り込まないで袖を引いて着用するスタイルが多く見られます。
二つ目が中振袖です。

大振袖の次に格式が高い礼装であり、袖丈の長さは100センチ程度とされています。成人式で一番見られるのがこの中振袖になります。袖が女性の足首程度まで延びており、立ち姿のバランスも非常によく見えます。

着用シーンは代表的なものとして成人式、そしてお祝いの場、パーティやお見合い、結納、結婚式への参列といったとことになります。もちろん、マナーとして結婚式に参列する際に着用する際には花嫁とかぶった色、さらには花嫁より目立つような振袖を着用することはNGとされていますので注意するようにしましょう。


そして、3つ目が小振袖になります。
中振袖よりさらに短いのですが一般的には85センチ程度となり、別名「二尺袖」とも呼ばれています。小振袖は何といっても袖が短いの非常に動きやすく、着用しやすいのがメリットです。

利用シーンとしては卒業式などで袴と合わせてみることが多くなっています。また、中振袖よりも短いので着こなしのバラエティが他の2つに比べると非常に広いことが特徴でしょう。
以上のように振袖には袖の長さによって、大きく3つに分かれており、利用シーン格式の高さ毎に変わってくるのが実態です。


なかなか、着物を着こなす機会が減っている中ですが、思った以上に振袖は着こなしが簡単です。特に振袖は「若い人が着るもの」というイメージを抱きがちですが、未婚女性であれば、ちょっとした大人っぽい装いにしたい場合にはいつでも利用できるものです。例えば、帯を太鼓結びにしたり、色柄を変えることによって落ち着いた印象にかえることも可能です。振袖は未婚女性しか着用できないといったマナーがある以上、着れる期間にうまく活用しておきたいものです。

また、訪問着と振袖の違いについても触れておきたいと思います。
訪問着も正装といわれている以上、振袖との違いは知っておかねばなりません。
一番わかりやすいのはやはり袖丈の長さです。

振袖は一番短い小振袖でも85センチ程度はありますが、訪問着は70センチ弱と更に短いことが特徴です。基準としては太ももくらいまでの長さになるでしょうか。

また、訪問着は絵柄が使われていて、自由度が高いことも大きなポイントになります。また、未婚でも既婚でも着用できるということでお茶会や食事会といった場面で着用しても問題ありません。簡単に言えば、普段着の延長でおしゃれしたいときに利用できるといってよいでしょう。


このように留袖、訪問着、そして振袖。振袖の中でも3種類をうまくケースバイケースで着こなすことができれば、女性としてはその魅力をうまく伝えられるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする