青森県のスズキ正規ディーラーサイトです。

車検内容

やっぱり安心!スズキのお店では「車検」と同時に「法定2年点検」も行います。

車検

下表の検査項目について、お客様のお車が保安基準に適合しているか検査します。

01.外観検査
●同一性の確認 ・車台番号など車検証の記載内容の確認
●外観検査・車室内 ・エンジンの始動性/ホイールナット締付
・エンジンルーム内の検査
・灯火類の点灯
・確認、損傷冷却装置の水漏れ
・Vベルトのゆるみ
・ワイパー拭き取り状態
・駐車ブレーキの引きしろ
02.ブレーキなどの検査
●サイドスリップ検査 ・車輪の横滑り量(直進性の検査)
●ブレーキ検査 ・前輪、後輪、駐車ブレーキの制動力の測定
・片ざきの検査
●スピードメーター検査 ・実際の車速とメーター表示とのずれの測定
03.ヘッドライトの検査
●ヘッドライト検査 ・ライトの光度、および光軸の測定
04.排気ガスの検査
●排気ガス検査 ・排気ガス中の一酸化炭素(CO)
・炭化水素(HC)の濃度測定
05.下回り点検
●車両下部の検査 ・以下の装置等の損傷や緩み検査(ロッド、アーム、ブレーキ、ホース、
 パイプ類、排気ガス浄化装置、マフラー等)
06.総合判定
●総合測定 ・書類審査と総合判定

プラス

法定2年点検

車検時に行う法定2年点検は、下表の点検項目について、自動車の構造、装置が正常に機能しているか調べ、保安基準に適合するか確認するものです。確認の結果、適合していない場合は、当社サービス担当者が部品交換・修理・調整等により正常な状態にいたします。

01.エンジンルーム点検
・パワーステアリングベルトの緩み、損傷 ・燃料蒸発ガス排出抑止装置の配管等の損傷
・パワーステアリングの取付けの緩み※ ・燃料蒸発ガス排出抑止装置のチェックバルブの機能
・スパークプラグの状態※ ・チャコールキャニスタの詰まり、損傷
・点火時期 ・パワーステアリングのオイル漏れ、量
・ディストリビューターのキャップの状態 ・電気配線の接続部の緩み、損傷
・バッテリーのターミナル部の緩み、腐食 ・冷却水の漏れ
・燃料漏れ ・減速時排気ガス減少装置の機能
・排気ガスの色、CO、HCの濃度 ・一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷、取付状態
・エアクリーナーエレメントの汚れ、詰まり、損傷※ ・触媒等の排出ガス減少装置の取付けの緩み、損傷
・ファンベルトの緩み、損傷 ・二次空気供給装置の機能
・メターリングバルブの状態 ・排気ガス再循環装置の機能
・ブローバイガス還元装置の配管の損傷
02.室内点検
・ハンドルの操作具合、ハンドルの遊び、がた
・ブレーキペダルの遊び、踏み込んだときの床板とのすき間
・クラッチペダルの遊び、切れたときの床板とのすき間(MT車)
・ブレーキの効き具合
・パーキングブレーキレバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ)
・パーキングブレーキの効き具合
03.足回り点検
・ホイールアライメント※ ・ブレーキディスクとパッドのすき間※
・ブレーキシューの摺動部分、ライニングの磨耗※ ・ブレーキディスクの摩耗、損傷
・ブレーキパッドの磨耗※ ・フロントホイールベアリングのがた※
・タイヤの空気圧、タイヤの亀裂、損傷※ ・リヤホイールベアリングのがた※
・タイヤの溝の深さ、異常な磨耗、スペアタイヤの空気圧※ ・サスペンションの取付部、連結部の緩み、がた
・ホイールのボルト、ナットの緩み※ ・サスペンション各部の損傷
・ショックアブソーバーの損傷、オイル漏れ
・ブレーキマスターシリンダーの液漏れ、機能、摩耗、損傷
・ブレーキホイールシリンダーの液漏れ、機能、摩耗、損傷
・ブレーキディスクキャリパーの液漏れ、機能、摩耗、損傷
・ブレーキドラムとライニングのすき間※
・ブレーキドラムの摩耗、損傷
04.下回り点検
・ステアリングのロッド、アーム類の緩み、がた、損傷※
・ロッド、アーム類のボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷
・ブレーキホース、パイプの漏れ、損傷、取付状態
・トランスミッション、トランスファーオイルの漏れ、量※
・プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部の緩み
・ドライブシャフトのユニバーサルジョイント部のダストブーツの亀裂、損傷
・ディファレンシャルのオイル漏れ、量※
・エンジンオイルの漏れ
・ステアリングギヤボックスの取付けの緩み※
・遮熱板の取付けの緩み、損傷、腐食※
・マフラーの機能
・エキゾーストパイプ、マフラの取付けの緩み、損傷、腐食※
05.外回り点検
・フレーム、ボディーの緩み、損傷

※…走行距離によって省略できる項目